Help

館髪理

Photos: 館髪理

Photos: copen Photos: 理髪店

栃木市の床屋さんその2。
この道は、伝統的建物群保存地区となっていました。
お気に入りやコメントをありがとうございます。

Albums: Public

Favorite (21)

21 people have put in a favorite

Comments (4)

  • 青葉筆五郎(3089forever)

    残しておくところですね。
    腕のいい親父さんに髭を剃ってもらうと
    一日伸びてきませんよ。

    05-05-2019 17:06 青葉筆五郎(3089forever) (11)

  • canary

    青葉さん、そうなんですか。超深剃りが職人技ですね。風船にカミソリを当てて腕を磨くのかな。志村けんのコントみたいに手が震えてる親父さんはやだな。

    05-05-2019 21:08 canary (22)

  • トロイ

    看板の文字が右から左への書き方になっているのですね。

    戦後もそんな書き方がなされていました。


    昭和も遠くなりにけり…。

    05-06-2019 07:42 トロイ (3)

  • canary

    トロイさん、手書きならどうにか書けますが、入力すると右から左への単語は手間がかかるばかりです。古い看板等を見ると、個性的で温かみのあるフォントが昭和の魅力だなあと思います。コメントありがとうございます。

    05-06-2019 17:57 canary (22)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.